キャッシングの注意点

保証人も担保もいらず、いつでも現金を引き出せるのがキャッシングのメリットです。手続きも簡単なので、上手に付き合えばさほど問題になることもないでしょう。ではどのようにすれば、キャッシングのメリットを十分に活かすことができるのでしょうか。

まず、借りるお金の用途を明確にしておくことです。使い道を制限されないのは、キャッシングの良い点ですが、だからといって借りすぎるのはよくありません。手軽だとはいえ、借金は借金だからです。

キャッシング借りたお金はいつまでに、どのようにして支払えるかも、ある程度シミュレーションをしておきましょう。たとえば、給料日までに差し迫った支払いがあり、キャッシングを利用したとします。その場合は、給料が入ったらなるべく全額、もしくは決められた支払額より多めに返しておくことが大切です。

キャッシングには担保がいりません。その分、銀行ローンよりも金利が高く設定されているので、長く借りれば借りるほど支払いが難しくなります。借りるとき、後で一括で返せる額にしておくと、さほど問題なくキャッシングと付き合うことができるはずです。

また、リボ払いにした場合も、毎月の返済額に上乗せして返済するように心がけましょう。キャッシングは、借りるタイミングも、返すタイミングも自分で決めることができます。生活費に余裕が出た時点で返済するようにすると、金利が高いというデメリットを小さくすることができます。

キャッシングの利点

キャッシングキャッシングの主なメリットは3つです。まずひとつめは、必要な時にすぐ現金が手に入ること。ふたつめは、借りたお金の使い道に制限がないことです。保証人などが求められることもないので、誰にも知られずお金を融通できることも、大きなメリットといえるでしょう。

通常銀行などでお金を借りる場合には、金額に応じて審査が行われます。借入を申し込んですぐ融資が下りることはありません。その点キャッシングなら、手続きをして数十分程度、長くてもその翌日には現金を手にすることができます。

しかも、銀行で借りるローンには、使い道の制限があります。住宅ローンは住宅資金にしか使えず、車のローンは車の代金を支払う際にしか利用できません。キャッシングであれば、お金は借り手の自由に使うことができます

また、キャッシングでは、お金を借りる際にも特に担保が必要となることはありません。手持ちの資産や現金を持たなくても、すぐにお金が手に入るのは、やはりきキャッシングの良い点です。他にも、30日間や一週間のみ無利息キャッシングを利用することができる業者。

お金を借りることを誰かに知られることもありません。銀行のローンなどでは、保証人が必要となるため、親兄弟や親類、知人に借金が知られてしまうことがあります。しかしキャッシングなら、個人の裁量で借入を申し込み、返済も済ませることができます。借金を親類や知人に知られたくない人は、キャッシングを利用するとよいでしょう。